お手軽海外旅行ツアーで世界遺産を見て来ましょ

白神山地(日本)

白神山地は青森県と秋田県にかけて標高1,000m前後の山々が連なる総面積約6.5万haの広大な山岳地帯で、この中心部の16,971haが1993年に日本で初めて世界遺産として登録されました。

白神山地の誕生は今から約200万年前に始まった日本海の隆起に起源すると言われていて、ブナ林の誕生はおよそ8千年前の縄文時代の草創期であるとされています。

白神山地のブナ原生林は、ブナーミズナラ群落、サワグルミ群落等をはじめ多種多様な植物が生育し、高緯度にもかかわらず、ツキノワグマやニホンザル、クマゲラ、イヌワシ等をはじめ非常に多くの動物が生息しているなど、貴重な動植物が分布する極めて価値の高い生態系を有する地域です。

森林生態系保護のために秋田県側のコアゾーン(核心地域)への入山は原則禁止となっていますが、遊歩道の整備された青森県側のバッファゾーン(緩衝地域)では登山やトレッキングが楽しめます。

暗門の滝や十二湖などの名勝をめぐるツアーが人気で、ブナの森林浴が満喫できます。


「世界自然遺産 白神山地・十和田湖・奥入瀬渓流・八幡平 2日間 26,980円〜」 など、お手軽東北ツアーが一杯 ↓


sirakami.jpeg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。