お手軽海外旅行ツアーで世界遺産を見て来ましょ

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(ドイツ)

サッカーワールドカップで熱狂したドイツ。

2度の世界大戦敗戦から立ち直り、EUの経済を牽引する立場にまで復活したドイツの力強さは、不屈のゲルマン魂によるものか。

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群は1990年、文化遺産に登録されました。

第二次世界大戦後、ドイツが東西に分断された一時期を除いて、ドイツ帝国時代からの首都ベルリンには、幾多の変遷を見つめてきた、多くの歴史的遺産が残されています。

ベルリンの壁崩壊からはや17年。かつて東西ドイツを隔てていたブランデンベルグ門も、現在は人や車が自由に行きかうベルリンのシンボルとなっています。

ベルリンには、プレッツェンゼー記念館、ヴァンゼー会議記念館、ザクセンハウゼン強制収容所、などナチス政権下の歴史を物語る様々な記念館があります。

またポツダムは、第二次世界大戦時のポツダム会議や、ポツダム宣言で有名なベルリン郊外の街。

18世紀に造られたドイツ・ロココ様式の傑作、サンスーシ宮殿、ナチス・ドイツ降伏後、米、英、ソの3カ国の首脳(トルーマン、チャーチル、スターリン)が集い、ドイツの戦後統治に関する取り決め「ポツダム協定」と、日本に対する十三条から成る降伏勧告の宣言「ポツダム宣言」が出されたツェツィリエンホーフ宮殿などがあります。

かつての同盟国でもあるドイツの歴史、敗戦後の発展にも目を向けてみたいものです。


私のベルリン6日間〜今こそじっくり見てみたい! 211,000円〜

日系・ヨーロッパ系航空会社で行くベルリン6日間 180,900円〜



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

沖縄県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 沖縄県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-07-14 04:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。